逆流性食道炎の改善方法まとめ

 

どうも、

 

最近、胃もたれしたり、胸焼けしたり、食道がヒリヒリしたりすることが増えたので、色々調べてみたのですが、

 

どうやら、逆流性食道炎っぽいことに気づきました。

 

逆流性食道炎とは、

胃酸が食堂を通じて上がってきて、

胸焼けや、呑酸、炎症などを起こすやつです。

 

別に命に関わるとかは無いのですが、

一応、食道も内蔵ですし、大事を取って、改善することにしました。

 

そこで、逆流性食道炎の改善方法について調べたので、

勉強がてら、まとめようと思います。

 

僕と似たような症状の人の役に立てたら嬉しいです。

 

①食べ過ぎない

まず、食べ過ぎは、胃酸の分泌を多くするのでダメです。

 

腹六分目くらいにしましょう。

 

②よく噛んで食べる

よく噛んで食べることも重要です。

噛まずに早食いすると、胃酸の分泌を多くします。

胃の機能も弱まり、胃酸が逆流しやすくなります。

なので、よく噛んでゆっくり食べましょう。

 

③食べてはダメなもの

逆流性食道炎の人、なりかけの人が避けたほうがいい食べ物があります。

それは、炭酸飲料、柑橘系の果物、酢、チョコレート、油物全般、アルコール、スパイシーな食べ物です。いずれも、胃酸を多く分泌させるので避けたほうがいいです。

ちなみに、牛乳は、アルカリ性で酸を中和するので、飲むといいそうです。

 

④食べてすぐに寝ない

食べてすぐ寝るのはダメです。

遺産が逆流しやすくなりますし、寝ると、内臓の働きが弱くなるので、

食べ物が胃で消化されず、胃酸がたくさん分泌されます。

寝る3時間前には食事は済ませましょう。

 

⑤寝るときの姿勢

寝るときの姿勢は、横向きの際は左を下にするといいそうです。

仰向けの場合は、上体を高くするといいそうです。

 

⑥普段の姿勢

猫背の人や、背中を丸める姿勢は、

腹圧を高めて、胃酸を逆流しやすくさせるので

なるべく、前傾姿勢にはならないようにしましょう。

 

⑦ダイエットする

肥満体型の人は、腹圧がかかりやすく

胃酸が逆流しやすいので、ダイエットすることをおすすめします。

これは、逆流性食道炎とか関係なく、普通に、病気の予防にいいです。

 

以上が、

 

逆流性食道炎の改善方法でした!

 

結構、ポピュラーな改善方法ですが、

効果はあると思うので、逆流性食道炎気味の人は実践してみてください。

 

まぁ、あくまで、個人でできる改善方法なので、

あまりに重症なら、病院にいってくださいね。

 

それでは、失礼します!!