欲望の先に幸せはない

 

どうも、

 

「幸せ」

 

という単語を聞いてなにを思い浮かべますか?

 

美味しい物を食べること

お金持ちになること

美少女ハーレムすること

不労所得

 

などなど、人によって色々あると思います。

 

事実、幸せなんてものは、個人の感じ方によって、

千差万別のたぐいのものだと思いますが、

 

僕が生きてきた中で、

これは幸せじゃないなというものがあります。

 

それは、

 

「欲望」です。

 

食欲、性欲、独占欲、金欲

 

好きなもの食べて、

美女と好きなだけ寝て

欲しいものはすべて手に入れて

お金もたくさん手に入れるって、

 

パッと見幸せのように見えますが、

 

僕は、これらは全く幸せではないと思います。

 

別に僻みでも何でもありません。

 

というのも、僕自身欲望に走ったことがあります。

 

好きなものを好きなだけ食べたり

ほしいものを全部買ったり

ちょっとアレなこともしました

 

でも、これら、欲望って、

 

一時的な幸せでしかないんですよね。

 

本当に一瞬だけ。

 

満たしたら、すぐに虚無感に襲われるし、

苦しくなって、強烈な渇望感が出ます。

 

アレ?なんで幸せじゃないんだろう?

あ、そうか、もっと欲望に走ればいいのか?

 

そして、もっともっとと欲望を追い求める。負のループ。

 

最終的に、自分のことしか考えなくなるので、

人格も終わっていくし、人も離れていく、

欲望に走った代償も小さくは無いでしょう。

 

だから、欲望に走っても、

永遠に満たされず、幸せになることはないと断言できます。

 

気をつけてくださいね。

 

じゃあ、本当に幸せってなんでしょうか?

 

僕もこれだ!ってモノは見つかってないですが、

 

幸せとは、人と人の間で生まれる何か。または、周りとの関係性、

もっと広く見ると世界との関係性の何か。

 

だと思います。

 

とりあえず言えることは、自分だけではなく、

他者という視点が入ってきます。

(自分のことしか考えてないうちは幸せになりません。)

 

簡単に言えば、愛とか、調和、とかになってくるのですが、

そんな言葉では収まりきらない、非言語領域のものといいましょうか?

そういう永遠であり、無形のものこそが、幸せなんだと思います。

 

ちょっと抽象的すぎて何言ってるかわからないと思うんですが

(僕も分かんなくなってきました(笑))

 

僕が言いたいのは1つ、

 

幸せってよくわかんないところにあるけど、

欲望だけは違う!!!!!ということです。

 

これだけ覚えてくれたらいいです。

 

それでは、失礼します。