習慣化のお話

 

どうも、

 

今日は習慣化について書いていこうと思います。

 

習慣化といえば、

 

毎日ランニングするとか、

毎日勉強するとか、毎日ブログ書くとか、

 

日常のルーティンとして、取り入れるものですが、

 

人生が良くなるかどうかは、

 

良い習慣をどれだけ取り入れたかどうかで、

ほとんど決まってきます。

 

成功者は軒並みみんな、良い習慣(努力)を

自分のモノにしています。

 

 

けど、多くの人は、

習慣化することができません。

 

それはなぜか?

 

例えば、ダイエットとかわかりやすいと思うのですが、

毎日カロリー制限したら痩せることが分かっていても、

きちんとできる人は少ないですよね?

 

これは何が起こってるかというと、

 

ホメオスタシス(恒常性)というのが働いています。

 

ざっくり言うと、潜在意識の反発ですね。

 

人間には現状維持をするというプログラムがされているので、

例えば、今まで、好きなだけ食べていたのが当たり前だったのに、

急に食事を減らしてしまうことで、ホメオスタシスが反発して、現状維持(好き勝手に食べてた時期)に戻そうと、食欲が暴走してしまったりするわけです。

 

要は、新しい習慣を取り入れるとき、今までの習慣を辞めるとき

強烈な反発が起こるということです。

 

じゃあどうすればいいか?

 

方法はいろいろありますが、

 

僕がおすすめしたいのは、

 

ベビーステップです。

 

ベビーステップとは、

小さなことから始めることです。

 

そうすることで、

ホメオスタシスの反発を弱めることができます。

 

僕の場合、よくお風呂に入らずシャワーで済ませていたので、

毎日お風呂に入る習慣を身につけたかったのですが、

 

かといって、

 

いきなり1時間ゆっくり湯船につかるとかいう目標にすると、

大変で絶対に続かないので、

 

ベビーステップとして、

毎日10分湯船につかる。という目標設定にしました。

 

すると、どれだけお風呂沸かすのが面倒でも、

 

「まぁ10分浸かるだけだしいいか。」

 

と、精神的なハードルは随分減りました。

 

そして、割とすんなり、

毎日お風呂に入る習慣を身に付けることができました。

 

結果、シャワー生活の時よりも、

疲れは取れやすくなりましたし、血行もよくなって、

体が冷えることも少なくなった気がします。

 

とまぁ、お風呂の習慣化は無事成功に終わりました。

 

 

こんなふうに、

どれだけ気分乗らなくても絶対100%できるぞ、というレベルまで

習慣のハードルを下げるのがポイントです。

 

僕のお風呂の例の場合でも、

10分で難しいなら、お風呂1分入る。という目標でも全然アリです。

 

(ぶっちゃけ、習慣の強度なんかは、習慣化が定着してからでいいです。当たり前に行動できるようになる方が大事です。)

 

あと、目標を立てる時の自分というのはテンション高いものですから、

めちゃくちゃハードな目標設定にしがちです。

 

基本、人間はそこまで意志力強くはないです。

大抵の場合、習慣化する前に挫折してしまうのがオチです。

 

だから、もう、自分のことは信用しない!って気持ちで、

慎ましやかに謙虚にベビーステップで、習慣の目標を決めるのが吉です。

 

 

ということで、

 

習慣化のコツでした!

 

役に立てれば幸いです。

 

それでは、失礼します!